なぜか気になるその部分

医者

種類がたくさんある

あまり知られていませんが、ほくろにはたくさんの種類があり見た目も色もさまざまです。出来る場所は顔から足の裏まで体の隅々に出来てしまいます。大きさもさまざまであり、隆起したものから平らなものまであります。ほとんどは気にすることもありませんが、中にはメラノーマと呼ばれる悪性の腫瘍も含まれている場合があるので注意が必要です。どうしてほくろができるのかというと、メラニン色素が集まって、それが突出したものがいわゆるほくろとなり、色素性母斑または母斑細胞性母斑と呼ばれます。基本的に色は黒が多いですが、まれに青く見えるものもありそれは青色母斑と呼びます。色素性母斑は基本的なほくろのことであり、良性腫瘍として扱われています。なかにはそこから毛が生えているものもあれば、黒色だけでなく、青色、茶色など実にたくさんあり出来た場所や大きさによっては、悩んでいる人も多いでしょう。最近では医療技術が進み、レーザー治療などで除去する手術もあり、それで消してしまえば気になるそれは一生付き合っていく必要もなくなっています。なかでも多いのが、単純黒子とよばれるものです。これは大きさにして若干2ミリメートルほどから15ミリ程度ですので、中にはシミと区別がつきにくいものもあります。15ミリから20センチまでのものは黒あざと呼ばれます。中には20センチをこえるものもありそれは巨大先天性色素性母斑と呼ばれ区分されます。なかには「赤いほくろ」が出来たと言って、皮膚科を受診する人が多いようですが、それは老人性血管腫と呼ばれ一見それに見えますが、ほくろには分類されていません。ほくろのほとんどは、色素性母斑か単純黒子であると言えますが、なかには放っておいてはいけないものも多々あります。ほくろは基本的には、放っておいても問題のない大丈夫な良性腫瘍ですが、中には年齢と共に大きくなっていくようなそれもあります。急に大きくなったようなほくろは要注意と言われています、その場合はもよりの皮膚科に相談した方が良いでしょう。決して自分の判断で良性か悪性かを判断するのはやめた方がよいでしょう。

Copyright© 2018 クリニックでほくろ悩みにバイバイ【比較的簡単に出来るので人気】 All Rights Reserved.