クリニックの利用

水着姿の女性

原因と人気なわけ

ほくろは紫外線によりできてしまう事が多いです。紫外線を浴びすぎるとメラニン色素が多くなりそれが体の外に排出されなくてほくろという状態で残ってしまうのです。子供の頃は紫外線など気にしないで外で遊びますが、そのような事でメラニン色素が少しずつ蓄積していきます。また肌への物理的な刺激が原因になる場合もあります。にきびを潰してしまったり慢性的に炎症がありそこをいつも掻いてしまったりすると肌に刺激を加える事になるのでほくろが出来てしまう可能性があります。それとメイクも原因になるのです。それは直接肌に刺激を与えるためそれによりメラニン色素が増えてしまうからです。その他の理由としては睡眠不足や食生活の乱れも影響してきます。ストレスでホルモンバランスが乱れると肌の代謝が悪くなりほくろが出来てしまう事もあります。偏った食生活を送っていると足りない栄養が出てきて肌のターンオーバーが出来なくなってしまうのです。遺伝的なものもあって親がほくろのできやすいタイプだと子供にもそれが遺伝するケースも中にはあります。ほくろを除去するには痛みも少なく比較的簡単に出来るので人気があります。料金もそれほど高くはありません。除去する方法は数種類ありますが、レーザー治療では1個につき3千円と安いクリニックもあり中には1万円で全身のほくろをとってくれるプランのあるクリニックもあります。加えて痛みは少なく皮膚を傷つける事もありません。跡も残りづらいです。施術時間は大きさによっても変わりますが、ほくろ1個で約5分で終わります。その他に切除縫縮法と言う方法もありこれは大きいほくろで顔以外の腕や背中などのほくろ除去に適しています。抜糸後は線傷が残りますが、時間の経過とともに段々薄くなってきて最終的にはほとんど跡はわからなくなります。クリニックでのカウンセリングでは一番適した方法での除去を勧めてもらえるし不安な事があれば相談にのってもらえます。また料金面でも詳しく聞く事が出来るので安心です。施術後のアフターケアも充実しているクリニックが多くもし何かのトラブルが起きた場合でも相談出来ます。

料金や医師の技術が基準

顔に触れる女性

ほくろ除去の施術を受けるクリニックを選ぶ基準は、料金やサービス、医師の技術などがポイントとなります。一般的な施術費用は5000円から3万円となりますが、ほくろが日常生活に支障をきたす場合は、保険が適用されることもあります。

詳しく見る

治療のことを知ろう

女性

ほくろ除去の治療は皮膚科や形成外科、美容クリニックなどで行うことができます。また予約が必要な医療機関もあるので、事前に電話やインターネットで確認しましょう。また最近のほくろ除去治療では、痛みを感じることがあまりありません。

詳しく見る

なぜか気になるその部分

医者

多種多様な種類を持つほくろ。ほくろがない人を探す方が難しいくらい誰でもひとつやふたつは体のいたるところに出来ています。良いもの悪いもの両方ありますので、きちんと見極める事が出来るようにしましょう。

詳しく見る

紫外線対策をしっかり行う

女医

ほくろは紫外線を浴びてメラニンが過剰生成されることによってできるため、増やさないためには紫外線対策を行うよう気を配りましょう。ほくろ除去の施術を受けたアフターケアとしても、紫外線対策が最も大切になります。

詳しく見る

初心者向けの基礎知識

女性

ほくろの除去手術の方法には、くり抜き法や切除縫合法、そしてレーザー治療といったいくつかの種類があります。クリニックを利用する際は、予約制のシステムや、保険が適用される方法かどうかをチェックしておくことが重要です。

詳しく見る

Copyright© 2018 クリニックでほくろ悩みにバイバイ【比較的簡単に出来るので人気】 All Rights Reserved.